本文へ
ホーム > 介護保険サービスについて > 福祉用具購入費の支給を受ける

介護保険サービスについて/福祉用具購入費の支給を受ける

福祉用具購入費の支給対象種目

厚生労働大臣が定める福祉用具購入費等の支給に係る特定福祉用具の種目

  • 1.腰掛便座

    次のいずれかに該当するものに限る。

    • 一、和式便器の上に置いて腰掛式に変換するもの。
    • 二、洋式便器の上に置いて高さを補うもの。
    • 三、電動式又はスプリング式で便座から立ち上がる際に補助できる機能を有しているもの。
    • 四、便座、バケツ等からなり、移動可能である便器。(居室において利用可能であるものに限る)
  • 2.特殊尿器

    • 一、尿又は便が自動的に吸収されるもので居宅要介護者等又はその介護を行う者が容易に使用できるもの。
  • 3.入浴補助用具

    座位の維持、浴槽の出入り等の入浴に際しての補助を目的とする用具であって次のいずれかに該当するものに限る。

    • 一、入浴用いす
      座面の高さが概ね35cm以上のもの又はリクライニング機能を有するものに限る。
    • 二、浴槽用手すり
      浴槽の縁を挟み込んで固定する事ができるものに限る。
    • 三、浴槽内いす
      浴槽内に置いて利用することができるものに限る。
    • 四、入浴台
      浴槽の縁にかけて浴槽への出入りを容易にすることができるものに限る。
    • 五、浴室内すのこ
      浴室内に置いて浴室の床の段差の解消を図ることができるものに限る。
    • 六、浴槽内すのこ
      浴槽の中に置いて浴槽の底面の高さを補うものに限る。
    • 七、入浴ベルト
      身体に直接巻き付けて使用するもので浴槽への出入り等を容易に介助することができるものに限る。
  • 4.簡易浴槽

    • 一、空気式又は折りたたみ式等で容易に移動できるものであって、取水又は排水のために工事を伴わないもの。

    硬質の材料であっても使用しないときに立て掛けること等により、収納できるものを含むものであり、また、居室において必要があれば入浴が可能なものに限られる。

  • 5.移動用リフトのつり具の部分

    • 一、身体に適合するもので、移動用リフトに連結可能なものであること。

※上記内容は公的介護保険制度の改正により内容などが変更になる場合もございます。